カント修正とは?

カント〔cant〕

カント〔cant〕とは?

列車がカーブを走るとき,車両は遠心力によって
カーブの外側に倒されるような力を受けます。

それを軽減するために外側のレールを内側のレールよりも 高くすることをカントといいます。
または、その時のレールの高低差をカントといいます。

最大カントは,在来線で105mm、
新幹線で180mmと決められています。

 

カント修正

カント修正

路面が水平でない場所で仕事をするとき、作業機は その安定を保つために、アウトリガ(足)を突っ張り、 機械を水平にしてから作業を行います。

しかし、線路上で作業を行う軌陸は、アウトリガで 機械全体を水平にしてしまうと、谷側の車輪が 線路から浮いてしまい、脱線してしまいます。

これを防ぐ目的で行うのがカント修正です。
線路が水平ではない場所で作業を行う場合、
車両はそのままの状態にしておき、上の作業機のみ水平にさせます。
こうして、機械を脱線させる事なく、安全に 作業を行えるようにします。 このカント修正を行うしくみをカント修正装置といいます。

インターネットからのお問合せ・お見積はこちらから

info@josey.co.jp
〒289-1113 千葉県八街市八街へ199-1051
ブームを使った高所作業車、特殊作業機のことならお気軽にお問合せ下さい。

建設機械コラム

お問合せ・見積依頼

上成工業株式会社
TEL:043-444-4991
〒289-1113
千葉県八街市八街へ199-1051
FAX:043-444-6557
Mail:info@josey.co.jp

お問合せ・見積依頼はこちら
 
このページの先頭へ戻る